pHとは?

アクアリウム

アクアリウムをする上で、一度は聞いたことがあるpHについて、初心者目線で簡単にまとめてみました。

この記事を作成した背景として、水質検査試験紙でpHが若干低かったため、
どのような影響があるのか知りたくなり、記事にまとめてみました。

pHとは?

pH(ペーハー・ピーエイチと読みます)は、水中に含まれる水素イオンの濃度を指します。
pHを見ることで、酸性・アルカリ性などの判断が可能です。

よく熱帯魚の飼育サイトを見ると、「弱酸性を好みます」とか書いてあると思います。

これは魚によって好むpH値が異なるためです。
pH適用範囲で飼育しない場合、魚の調子が悪くなったり寿命が縮んだりしてしまいます。

phの指標

ざっくり「pHが高いアルカリ性」「pHが低い酸性」となります。

酸性
~6.0

弱酸性
6.0~6.5

中性
7.0くらい

弱アルカリ性
7.5~8.0

アルカリ性
8.0~

pHの測り方

いろいろなメーカからpH検査キットが販売されているので、簡単に測定できます。
大きく分けると3種類です。

pH試験紙
試験紙を水槽内の水に浸して、色の変化から判断します。

pH試薬
試薬の中へ水槽内の水を入れ、色の変化から判断します。

pH測定器
測定器を水槽内の水に浸すと、測定器でpH値を出力します。

私はテトラさんの「テスト 6 in 1 試験紙」(試験紙)のみ使っています。
pH以外の項目も測定できますので、個人的にはおすすめです!

ただ、いろいろなサイトのレビューを見るとpH試薬やpH測定器のほうが正確に測れるようです。
※ココは費用とのご相談なので、維持していけるモノが一番良いでしょう!

pHの上げ方・下げ方

pHの上げ方

底面に砂利など敷くことで弱アルカリ性に寄ります。
特にサンゴ砂を入れると効き目が大きいようです!

また、エアレーションを行うことでもpHを上げることができます!

pHの下げ方

底面にソイルを敷くことで酸性に寄ります。

pHが下がる要因として、
NO3(硝酸塩)CO2(二酸化炭素)の増加も考えられます。

NO3やCO2に関しては、以下の記事で詳細をまとめています!

酸性に寄り過ぎた場合、水替え(NO3を除去)を行うことで、
中性に近づける
こともできます!

※日本の水道水はpH7.0前後とちょうど中性くらいになっています。

結局phは 高い・低い どっちがいいの?

pHの高い・低いは魚によって好みが異なるため、
一概にどちらがいいとは言い切れません。
混泳する場合、pHの適応範囲が同じ魚同士がベストです!

とはいえ、あまりpHを気にせず、たくさん混泳させたい!という方もいると思います。

そういった場合、中性を維持できるように頑張りましょう!

※私はpHなど何も考えずにはじめてしまったアクアリストです(笑)

まとめ

今回は少し難しい内容を取り上げてしまったと思ってます。

いろいろ書きましたが、pHは飼育している魚に合わせることが第一ですので、

いろいろ書きましたが、

pHは飼育している魚に合わせる
ごっちゃで飼育している場合は中性を保つ

ここらへんを抑えておけば良いかな~と思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました